買ったばかりの車を売ることはできますか?

車を買ったばかりなのに海外転勤が決まってしまった…車のローンを組んだばかりだけど、手放してもまとまったお金が必要になってしまった…こんなケースってありますよね。買ったばかりの車を売ることはできるのでしょうか?まずは車検証を確認してみてください。

車を高く売りたい車買取相場表以上で車を売る前にしっかりと書類などを保存しておくのが車を売るのに最低限必要になってくるのでまずはそのじゅんびから始めていきましょう!
(参考)車買取相場表!査定額32万円以上で売るための裏技!

車検証には車の「所有者」が明記されているはずです。ここが自分の名前ではなく、車を買った販売店やローン会社の名前になっている場合は車を売る権利はないようです。その場合はまずは所有者である方と連絡を取り、委任状と譲渡証明書を受け取る手続きをする必要があります

売る権利を得た後は実際に買取業者との交渉になるのですが、どんなに買ってから短い期間であっても、走行距離が短くても、人気車であっても中古は中古。思っているよりも低い査定額しかつかないのが現実のようです。過度の期待はせずに交渉に臨んだ方がよさそうです。

新車で購入した場合でも一年で半額くらいになってしまうケースがほとんどで、ローンを組んでいる方はローンだけが残ってしまいます。それでもなるべく高値で売却できるように、複数の買取業者と交渉を始めてみてください。

車を売却で攻略するためには?

その車をこの査定見積書の金額で買取をすることを保証する期間というのが、この有効期限です。車の査定というのは、実はいつ行っても同じというわけではなく、今その場で売却契約をすることを前提にして、今の車の価値を買取相場などを利用して判断していきます。

そのため、中古車買取業者としては、査定したあと、売却契約をしてくれるのであれば、すぐに契約をして、できればすぐに車を引き渡してもらいたい。ということが本音のようです。間が空けばそれだけ車の価値は下がってしまうことがあるためだそうです。そのため、査定してもらった後は、できれば早めに売った方がいいようです。

そのため、しっかりと車を売却するときには車買取に必要になってくる資料などを用意しておくのがとても重要になってくるんですね。車の査定には必要になってくる資料などが結構あるのでそれを持っていないと最悪査定ができないことも考えられるので注意をしておきましょう!